旭川市の訪問整体yuruASA(ユルアサ)ブログ

北海道旭川市にある、訪問整体yuruASA院長 佐藤隆晃のブログです。 昼は訪問リハビリテーション事業所に従事している理学療法士です。

勉強道具、本、気に入ったものなど

こんにちは

今日は私の経験談です。

高校生のころ、人前で食べられなくなった話を書きます。

解決策も含めて書くので、同じ悩みを持っている人に届くとよいなと思います。

ネットで調べたら会食恐怖症というらしいです。



高校三年生のころは何をやってもうまくいかない時期でした。

小学校からやってきたサッカーは最後の大会前で骨折してしまい、告白してはフラれ、自分には勉強しかない!と思って頑張った受験勉強も成果がでませんでした。

このような毎日でストレスがたまり、高校三年生の11月ごろになったある日、背中に張りを感じました。

どうしたんだろ?と思いましたが、気にせずそのまま過ごしました。



その1週間後の朝です。

いつものように登校しようと思いましたが、朝めまいがして起きられません。

吐き気も強く感じます。

いつ吐き出すかわからないまま、何とか登校しました。

しかし、気持ち悪くて何も食べる気がしないのです。

授業中は具合が悪く、体育の授業は立っていられませんでした。

生き地獄です。

一日中吐きそうな顔をして、昼もほとんど食べられないまま何とか登校し続けました。

もちろん休んだ日もあり、確か家庭科の出席はぎりぎりだったと思います。

ゾンビのような状態のまま残りの高校生活は終わりをつげました。

ただ、一日中この状態であったわけではなく、家ではそれなりに元気でしたし、雪道を1時間ぐらい歩いて家に帰ることもできていました。

他にも建物に入れない、乗り物が怖いなどの症状もありましたが、これはまた別の機会の話にします。



このように高校生の頃が一番体調が悪く、そのまま浪人したのもあり人生でどん底の時期でした。

運動はできない、頭は良くない、モテない、しかも体はボロボロ。

人生で一番楽しいと思う人もいる高校生活。

何に希望を見出してよいかわかりませんでした。

その後体調は回復していきましたが、現在に至るまで人前で食べられないという症状は続いています。

ただ、毎回出現するわけではなく初回会う人など緊張するときに出現します。



ここからは対応策を書きます。

① 食べられなくても、周りの人は本当に気にしていない。

これが一番大きかったです。

同窓会で高校のクラスメートに私がこのような状態だったことを話したら、覚えている人はほとんどいませんでした。

そこまで人は他人に興味がありません。

私は自意識過剰だったので、本当にこの事実に助けられました。



② 先に言い訳をする。

私小食だから…と食べる量が少ないことにしたり、人前は緊張します…と緊張するから食べられないことにしました。

意外と効果があって、その場が和めばその人とは次回から食べられるようになりました。

そこで何かを言ってくる人とは、距離を置けばいいと思います。



③ 偏食をする。

口の中に残らないものだとか、汁ものなど残りの量が分からないものは食べられました。

私は大学時代常に肉うどんを食べていました。

たぶん私の母校で、私より肉うどんを食べた人間はいないのではないでしょうか?

同じ理由でラーメンもおすすめです。

ラーメン好きキャラクターに設定することで生きやすくなりました。

ちなみにラーメンは本当に好きです。



④ 食べる時間をずらす。

会食しなければよいので、一人で別な時間にごはんを食べましょう。

ゼリーなら一瞬で食べ終わります。





⑤ 運動をする。

こうなってしまったことの原因はやはりストレスだったと思うのです。

自律神経を見直しましょう。

運動は歩く、ストレッチ、筋トレ。

最初は何でもいいと思います。

運動のオススメは理学療法士で世界中の方を治療してきた柿澤健太郎さんの本です。

とてもシンプルで続けやすい運動が書いてあります。





⑥ やりたいように生きる。

結局ここなのかなと。

自分のやりたいことを見つけるためには、たくさん動いてたくさん失敗するしかないのです。

ストレスのない環境を探すことも大切だし、自分と向き合うことも大切です。

24歳から働き始めて、現在32歳ですが、今の職場でお世話になるまで3回転職しています。

世の中の平均転職回数よりはかなり多いのではないでしょうか?

訪問リハビリは私にとてもあっていますし、職場は自由な環境で楽しく働いています。

自分と向き合うために私が読んだ本をいくつか紹介しておきます。

1.人生の100のリスト

ロバート・ハリスさんの本で死ぬまでにやりたいことをリストにして、実現したことが書いてあります。

ネットを調べると同じようなことをやっている方がたくさんいます。

やってみるとわかるのですが、100やりたいことを書くのは結構大変です。

100書いたころには本当に自分がやりたいことが見つかるのではないでしょうか。

書いてみるといくつかはちゃんと実現するのが不思議です。



2.自由になるために20代で捨てるべき50のこと

やりたいことを考えたら、今度は捨てましょう。

この本でミニマリストや副業について考えるようになりました。





⑦ ストレスや挫折との向き合い方

ここでも本を紹介していきます。

1.胸懐

GLAYのTAKUROさんが書いた本です。

この本の中に悲しみは一晩すると半分になるということが書いてあります。

一生同じことで毎日同じだけ悩むことはないですよね?

今日と同じ日はもう来ません。

こう思えば少しだけ前向きに生きることができる気がしませんか?

私の人生のバイブルなのでGLAYに興味ない人にもめっちゃおすすめです。

古い本なので中古で1円で買えます。




2.スタンフォードのストレスを力の変える教科書

一時流行った有名大学の名前で本を売るシリーズの一冊です。

ストレスによるプラスの効果を書いています。

人前で上がるのは当たり前で、そこからどうしたらよいかが書いてあったのでとても参考になりました。

緊張してもいいんです。





まとめ、

人はあまり自分のことを気にしていません。

自分のコンプレックスは乗り越えることもできますし、うまくよけながら生きることもできるのです。

本や音楽、SNSで様々な人の考えに触れると生きやすくなります。

私は理学療法士として少しでも苦しむ人の力になれるように頑張ります。

健康のため体に良い運動をしていきましょう。

最後に関連記事のリンクを張っておきます。

私の仕事について(訪問リハビリ)
http://blog.livedoor.jp/sabamaruha-ptsato/archives/13293497.html

自意識過剰の克服方法
http://blog.livedoor.jp/sabamaruha-ptsato/archives/13483806.html



今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

こんにちは


今日はまとめ記事です。

私が解剖学を学ぶ上で役に立った、参考にした本を中心にまとめてみました。

解剖学は理学療法士や作業療法士の養成校で最初に習う専門科目ではないでしょうか?

劣等生だった私は正直学生時代は全く興味がもてず、先生に怒られたこともありました。

しかし学んでみると終わりがなくとても奥深いものです。

臨床に出てからは、解剖学の大切さを日々痛感しています。

対象となる組織を正確に触れるには正しい解剖の知識が必要です。

目的地へのルートが何種類かあれば間違えても修正し、目的地にたどり着くことができます。

目的地のことやその周りについて詳しければ詳しいほど目的地に向かいやすくなります。

これと同じことが触診でも言えるのではないでしょうか。

一つの組織の周囲の組織を知っていれば知っているほど触りやすくなるような気がしています。

例えば仙骨を触るとして、大きさや形はもちろん腸骨や腰椎との位置関係、仙骨の上(浅層)や周りにどんな組織があるかを知っていれば知っているほど正確に触りやすくなります。

また、一つのルートからたどり着けなくても別のルートからアクセスする方法を知っていれば一つの方法で失敗しても別の方法でトライできるので触りやすくなります。

このように触診を学ぶのには、人体の地図である解剖学の知識が必要になります。

私が『感触診』など様々なセミナーに参加する上で、参考になった本をまとめてみました。



①ネッター解剖学アトラス

この本のいいところは組織間のつながりや位置関係が分かりやすいところです。

実際の人体の解剖に近いのではないでしょうか?

今はこの本をメインに使っています。

しかし、筋や骨単体の全容を見るにはごちゃごちゃしてて少し見にくいです。

個人的にはある程度解剖学を学んでからこの本を使った方が良いのではないかなと思います。

新品は高いですが、もし前の版などの中古が売っていればもう少し安い値段で買えると思います。

私も第5版を中古で買いました。

アマゾンなどで探してみては?



②プロメテウス解剖学アトラス

筋や骨格の触診を学ぶ際にこの本を購入しました。

順番でいうとネッターより先にこっちを買いました。

この本のよいところは個別の筋が分かりやすいところです。

起始から停止がすんなり理解できると思います。

絵がきれいなのでとても見やすいですよ。

表層の筋、深層の筋の位置関係を理解するのにはこの本が一番わかりやすかったです。



ネックは高額なことです。

上に載せたのは総論です。

主に運動器しか載っていません。

脳神経や内臓を学びたい場合は他の二冊の方が詳しく載っています。

三冊そろえて初めて解剖学書として完成します(他の本もあったらごめんなさい)。

しかし、なかなか3冊そろえるのは大変なのではないでしょうか。





③ボディナビゲーション

筋と骨の触診に特化した本です。

この本の特徴として、組織へのアクセスの方法、つまり触診方法が書いてあります。

それも結構詳しく書いてあります。

値段も今まで紹介したネッターやプロメテウスより安いので

先に紹介した二冊はちょっと…という方にはとてもおすすめです。

プロメテウスの前にしばらく使っていたのはこの本でした。

筋や骨の触診であればこの本で十分かもしれません。



④PT OT ビジュアルテキスト 専門基礎 解剖学

正直に言います。

私はまだこの本読んでません。

著者の町田先生が北海道で行った『いまさら聞けない解剖学』というセミナーはすべて参加しています。

セミナーでは参考文献などの資料も交えて臨床に役立つ解剖学を教えていただきました。

その町田先生が著者の本ですから、きっと興味深い内容なのではないでしょうか?

「読みました!」という方がいれば、感想を教えてください。




⑤誰でもできるトリガーポイントの探し方・治し方

ちょっと解剖学の本からは逸れますが、トリガーポイントリリースを学ぶのにこの本を使いました。

誰でもできると書いてありますが、平面の図しかないためトリガーポイントの好発部位がこの本だけでは少しわかりにくいと思います。

①~④の本を読んで多少解剖学の知識を入れてから読むとより理解が深まると思います。



⑥肉単・骨単・脳単・臓単

大学時代に肉単と骨単には大変お世話になりました。

脳単は就職直後に買いましたが、臓単が出ていたのは知りませんでした。

国家試験までの解剖学の入門にはこの本がもってこいではないでしょうか。









⑦その他

とここまで色々な本を紹介してきましたが、私は平面図を頭の中で立体的に再現するのが苦手です。

私みたいな方には骨模型もおすすめですよ。

私の家にあるのはこれだと思います。



動かして可動域を確かめるのには向いていませんが、ざっくりとしたイメージをつかむのにはこれが重宝しています。

同じアパートの住人に骨模型をもったまま挨拶して気まずくなったこともあるので、持ち運びには注意してください。

他にも以前の記事で紹介した骨模型も使っています。

よかったらそちらについての記事も読んでみてください。

等身大骨模型についての記事はこちら

頭蓋骨模型2分の1サイズについての記事はこちら


〇まとめ〇

いろいろな解剖書が出ており、それぞれ異なる特徴があります。

おすすめは参加しているセミナーや、受けている授業の先生が推薦する本、読んでいる本と同じ本を使うことだと思います。

解剖学書を通じてイメージの共有が図りやすく、よりセミナーの理解が深まるのではないでしょうか?

私はセミナーに出た数だけ解剖学書が増えていきました(笑)



今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

こんにちは



今日は自分が悩んでいたときに読んだ本についてです。

どんなことで悩んでいたかは以前の記事で書きました。

一言で言うと自分の感覚がわからなくなってしまったんですよね。

そんな時に出逢ったのがオードリーの若林さんが書いたナナメの夕暮れという本でした。

内容は雑誌に連載したエッセイをまとめたものです。

エッセイは一つ一つの話で完結しているのでどこからでも読めます。

たくさんの話が出てきたのですが、この本の中で私が一番感銘を受けたのは

ナナメの殺し方という話でした。

私は昔から人見知りで人前に出るのが苦手でした。

要は自意識過剰だったのです。

このことが仕事やプライベートに影響が出ていることがあり、向き合わなければならないときが来ました。

この本の中で若林さんは『他人の目を気にする人は、心の中で他人をバカにしまくっている正真正銘のクソ野郎だ』と書いています。(もちろんそうじゃない人もたくさんいます)

このクソ野郎は自分のことだと思いました。

私は挑戦も苦手で失敗が嫌いです。

こういう斜に構えた生き方は傷つきにくくて楽だったのですが、そのことで失った機会も多くありました。

人の目を気にしてできなかったことがあったのです。

やりたいことをやらないうちに、最後には何をしていたら楽しいのかわからなくなっていました。

これは非常に大きな問題でした。

若林さんは解決策として『自分がやっていて楽しいことをどんなことでも記録すること』を挙げていました。

私も実際に恥ずかしがらずに書いてみました。

例えば

・カフェで読書(なぜか家ではダメ)

・友人と酒を飲む

・ビジネスホテルで泊まる

・青空

・ディズニーランド

・馬券を買う

・占い

・ジム通い(筋トレそのものではなく、空間が)

・ランニング(河川敷など信号がない場所)

・音楽を聴く

・ドライブ

・ライブ(ダイブなど体を動かせるほうが楽しい)

・昼寝

・旅行

・猫

など何でも書きました。

意外とたくさんあることに気づきました。

若林さんは自分の好きなことを記録した結果、他人を尊重できるようになったと書いています。

自分もそうなれるように、まずは自分の人生を楽しもうと思わせてくれた素敵な本でした。

おかげ様で今は私が好きなことが現在進行形で増えています。

最近では紅葉などの風景を見ることを楽しめるようになってきてことと、移動中の車で聞くラジオがとても好きです。

昨日は前から行きたかったPerfumeのライブに初めていきました。

ライブでPerfumeにダンスを教えてもらうコーナーがありました。

全然踊れなかったのですが、とても楽しかったです。

ダンスには全く興味がなかったので不思議です。



というわけで、ナナメの夕暮れという本はとても参考になりました。

良ければ読んでみてください。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナナメの夕暮れ [ 若林 正恭 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/11/4時点)


こんにちは

実技のあるセミナーなどで移動する機会が多いですよね?

会場にベッドがあることはほぼないので大体ヨガマットが必要になります。

私は電車での移動が多いので、ふつうの筒状に丸めるヨガマットではかさばってしまいます。

そこでこの折り畳み式ヨガマットを持ち運んでいます。

IMG_5655

そんなに大きくないのでリュックやトートバックにも入って便利です。

慣れれば大したことないのかもしれませんが、ヨガマットを背負って移動するのが少し恥ずかしいんですよね。

私が使っているものと似たようなマット(同じではありません)があったので紹介します。

以前お会いしたことがある方で欲しいって言っていた方がいたのでここに載せますね。

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。



こんにちは



最近トリガーポイントについての記事を書くことをサボっているので、

私が使っているセルフケアグッズを紹介します。

普段はテニスボールをよく使っており、訪問リハビリの鞄にも入れています。

しかし、肩周りなど自分ではケアしにくい場所があります。

その場合は違う道具を使います。

それはこれです。

IMG_5653

このようなセルフでコリをとるグッズは色々試したのですが、これが壊れなくて最強だと思います。

他のグッズは強く押そうとすると壊れてしまいそうで怖いです。

先端に丸い突起があって小さなコリまでピンポイントで押せますよ。

弱点は重さがあるのであまり持ち運びに向かないことですかね。

でも、家の中で使うには十分だと思います。



今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アテックス 指圧器 「グリグリ」 ATX-2030[ATX2030]
価格:680円(税込、送料別) (2018/10/15時点)


↑このページのトップヘ