旭川市の訪問整体yuruASA(ユルアサ)ブログ

北海道旭川市にある、訪問整体yuruASA院長 佐藤隆晃のブログです。 昼は訪問リハビリテーション事業所に従事している理学療法士です。

地域について

こんにちは、旭川市にある訪問整体yuruASA院長の理学療法士佐藤隆晃です。

令和元年6月1日 北海道介護福祉士会道北支部様の依頼で講師活動を行いました。



テーマは移乗と移動についてでした。

シリーズで年2回開催されているということ、

テーマを絞って行った方が伝わりやすいのではと思ったことから、

移乗動作に絞って行いました。

内容はざっくりと

 ①介護者と腰痛について

 ②移乗動作のメカニズムについて

 ③対象者の評価視点について

の3つの内容をお話させていただいたり、

実技で腰痛体操を行ったり、

グループワークで参加者の皆様に考えていただきました。

参加された皆様が非常に明るくて熱心だったため、あっという間の90分間でした。

テーマは移乗についてでしたが、まず『介護をする自分自身の体を大切にして欲しい』ということが伝わっていただけたら嬉しいです。



また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。

少しでも業務に生かして頂けたら幸いです。

また質問や、『内容について気になる』、『うちでもやって欲しい』という依頼がありましたら

yuruasa@gmail.com まで連絡お願いいたします。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。 

IMG_7902
IMG_7903

 

訪問整体yuruASA

営業日 月、火、水、金曜日

営業時間18:30~21:30

料金は
一般コース604000
学割コース60分2000円です。
+
交通費
として1000円頂いています。(旭川老健ふれあいを借りて行うことも可能です。この場合は交通費を頂きません。)
※土日は基本的にお休みですが、9:00〜17:00で応じられることもございます。まずはご相談ください。 


ご予約は070-4382-5518

e-mail yuruasa@gmail.com

e-mail24時間受け付けています。お気軽にご相談ください。


予約時にこのブログを見たよ!と言って貰えたら一般コース1000円引きになります。

こんにちは

私は平成31年(令和元年)4月8日より地元旭川市で訪問整体yuruASAを開業することになりました。

平成31年4月で理学療法士として10年目、現在の職場に勤務して5年目を迎えました。

節目の年に新たなる挑戦をしたいと思い、開業することになりました。

けせさそ

現在の職場に来る前の自分は理学療法士としても、人間としても中途半端でした。

そのダメダメエピソードは今までの記事にたくさん書いています。

そんな自分を今の職場や利用者様は必要としてくれました。

その気持ちに応えようとここ数年は自分自身と向き合ってきました。

自費で関東まで勉強会に参加することもありましたし、旭川や札幌でできた仲間と勉強に励むことができました。

その間に様々な人と出会い、様々な経験をしたことが開業するきっかけになりました。

開業の一番のきっかけは訪問リハビリで契約しているご利用者様だけではなく、ご利用者様を支えるご家族も痛みや不調に苦しんでいることでした。

私は日頃訪問リハビリテーション事業所の理学療法士として、介護保険の適応の方のリハビリを行っています。

介護保険は日常生活に援助が必要な方に支給されます。

では、介護保険を持っていなければ健康なのでしょうか?

そんなことはないと思います。

私は日頃の業務や地域での運動指導などで感じています。

まだまだ、痛みや不調で苦しむ方は多いということを。

少しでも皆様の力になりたいと思いがあり、まずは目の前から自分にできることをやっていきます。

そのきっかけがこの訪問整体開業という形になりました。

E-mailでの相談は24時間無料で受け付けています。

相談だけでもお気軽にどうぞ。

春はスタートの季節です。

あなたの今年度の目標はなんですか?

そのスタートのお手伝いをさせていただけませんか?

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。



訪問整体yuruASA

営業日 月、火、水、金曜日

営業時間18:30~21:30

料金は
一般コース604000
学割コース602000円です。

+交通費として1000円頂いています。(旭川老健ふれあいを借りて行うことも可能です。この場合は交通費を頂きません。)

土日は基本的にお休みですが、9:0017:00で応じられることもございます。まずはご相談ください。 


ご予約は070-4382-5518(訪問整体のため完全予約制です)

e-mail yuruasa@gmail.com

e-mail24時間受け付けています。お気軽にご相談ください。


予約時にこのブログを見たよ!と言って貰えたら一般コース1000円引きになります。

こんばんは

今年(2019年)の年始は帰省ラッシュと悪天候が重なり、新千歳空港が大混乱しましたね。

残念ながら新千歳空港は雪で欠航することが年に数回あります。

こうなってしまった場合の北海道脱出方法を紹介します。



ちなみに私は道産子歴通算28年で旭川在住です。

他には札幌と十勝管内の音更町に住んでいました。

道内の空の玄関である新千歳空港もよく利用させていただいています。



脱出方法についてですが、結論から先に書きます。

方法は

 ①他の道内の空港へ行く

 ②JRで本州に行く

 ③フェリーに乗る

の3つが考えられます。

その中で一番確実な方法は①の方法です。

そして空港は旭川空港を使うことだと思います。



なぜ旭川空港なのでしょうか?

どんなに悪天候でも飛行機が飛ぶからです。

2018年の就航率はなんと99.5%です。

旭川市や空港のあるお隣の東神楽町は豪雪地帯にもかかわらず、ほぼ欠航なく飛びます!

旭川空港までたどり着ければ、確実に北海道を脱出できるのです。



新千歳空港からの具体的な移動方法ですが、新千歳空港からはバスを使うのがよいのではないかと思います。

新千歳空港→旭川駅はバスで2時間45分程度かかりますが、悪天候時ではJRを乗り継ぐより安心して旭川まで着くと思います。

冬のJRは札幌旭川間で特急が遅れることや、運休することが多々あります。

こちらの記事で新千歳空港から旭川駅まで、JRとバスで行く方法を比較していますので参考にしてください。

旭川駅まで着いたら、そこから旭川空港行きのバスで30分程度で旭川空港に着きます。



いかがだったでしょうか?

新千歳空港が欠航しても旭川空港なら飛ぶ確率が高いです。

2018年の胆振東部地震でも旭川市内の私の家が一晩停電になる中、欠航しなかったという安定感です。

この時全道がブラックアウトしてますからね…。

ブラックアウトしても飛行機が飛ぶ空港。

ぜひ北海道に来るときは参考にしてみてください。



飛行機の予約はこちらから




今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

こんにちは



最近水道民営化のニュースが多く流れていますね。

こちらのリンクはヤフーニュースです。

https://news.yahoo.co.jp/byline/mutsujishoji/20181115-00104161/

水道料金は今後どうなっていくのでしょうかね。

上のニュースを読んだところ民営化しなかったとしても、水道使用による収入が減ってくると料金が上がるように感じますが・・・。



さて、水道料金を気にされる方は移住も面白いかもしれません。

私が住んでいる旭川市の隣の東川町は上水道がなく地下水で生活しています(下水道はあります。料金もかかります)。

こちらの東川町のホームページを参考にしてください。

https://town.higashikawa.hokkaido.jp/about/water.php

大雪山系の雪解け水がタダで飲めるのは贅沢ですね。

無料でミネラルウォーターを飲めるようなものですかね。

ミネラルウォーターにお金払っているのがもったいなくなりそうですね。

私ももし今後水道料金が上がってきたら移住も選択肢に入れようかと思います。

生活コストを下げられるのが地方の魅力ですからね。



東川町は水道料金以外にも魅力的なカフェやお店が多いことや、

風光明媚なことなどで気に入っている町です。

気になったら下の本も読んでみてください。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。




こんにちは



前回は新千歳空港からJR以外で札幌駅まで行く方法でした。

今回は新千歳空港からJR以外で旭川駅まで行く方法です。

特に冬はJRの遅延が起こりやすいので、他の方法も知っていると便利です。

新千歳空港からJRで旭川駅まで行く方法として、快速エアポートで札幌駅まで行き、札幌駅で特急ライラックか特急カムイに乗り換えて旭川駅まで行く方法が一般的です。

それぞれの乗車時間はエアポートが37分程度、ライラックとカムイが1時間25分程度です。

旭川駅行きの特急は30分または1時間に一本しかないため、乗り替えで札幌駅で待たされることもあります。

指定席をとっていればよいのですが、冬寒い中ホームで待つのは大変です。

個人的にはこれが一番きついです。

JR以外の方法では高速バスを使う方法があります。

新千歳空港⇔旭川駅ではたいせつライナーという高速バスが走っています。

たいせつライナーについてはこちら旭川電気軌道のサイトを参照してください。

乗車時間は3時間程度です。

確かに乗車時間自体はJRに劣りますが、一度も降りることなく旭川駅に行けます。

見当してみてもよいのではないでしょうか?



今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。



↑このページのトップヘ