こんばんは

今年(2019年)の年始は帰省ラッシュと悪天候が重なり、新千歳空港が大混乱しましたね。

残念ながら新千歳空港は雪で欠航することが年に数回あります。

こうなってしまった場合の北海道脱出方法を紹介します。



ちなみに私は道産子歴通算28年で旭川在住です。

他には札幌と十勝管内の音更町に住んでいました。

道内の空の玄関である新千歳空港もよく利用させていただいています。



脱出方法についてですが、結論から先に書きます。

方法は

 ①他の道内の空港へ行く

 ②JRで本州に行く

 ③フェリーに乗る

の3つが考えられます。

その中で一番確実な方法は①の方法です。

そして空港は旭川空港を使うことだと思います。



なぜ旭川空港なのでしょうか?

どんなに悪天候でも飛行機が飛ぶからです。

2018年の就航率はなんと99.5%です。

旭川市や空港のあるお隣の東神楽町は豪雪地帯にもかかわらず、ほぼ欠航なく飛びます!

旭川空港までたどり着ければ、確実に北海道を脱出できるのです。



新千歳空港からの具体的な移動方法ですが、新千歳空港からはバスを使うのがよいのではないかと思います。

新千歳空港→旭川駅はバスで2時間45分程度かかりますが、悪天候時ではJRを乗り継ぐより安心して旭川まで着くと思います。

冬のJRは札幌旭川間で特急が遅れることや、運休することが多々あります。

こちらの記事で新千歳空港から旭川駅まで、JRとバスで行く方法を比較していますので参考にしてください。

旭川駅まで着いたら、そこから旭川空港行きのバスで30分程度で旭川空港に着きます。



いかがだったでしょうか?

新千歳空港が欠航しても旭川空港なら飛ぶ確率が高いです。

2018年の胆振東部地震でも旭川市内の私の家が一晩停電になる中、欠航しなかったという安定感です。

この時全道がブラックアウトしてますからね…。

ブラックアウトしても飛行機が飛ぶ空港。

ぜひ北海道に来るときは参考にしてみてください。



飛行機の予約はこちらから




今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。