たまに一日100キロ以上移動する理学療法士のブログ

北海道旭川市にある、訪問整体yuruASA店長のブログです。 訪問リハビリテーション事業所等に従事している理学療法士です。 パラレルキャリアで働いでいます。

こんにちは



最近トリガーポイントについての記事を書くことをサボっているので、

私が使っているセルフケアグッズを紹介します。

普段はテニスボールをよく使っており、訪問リハビリの鞄にも入れています。

しかし、肩周りなど自分ではケアしにくい場所があります。

その場合は違う道具を使います。

それはこれです。

IMG_5653

このようなセルフでコリをとるグッズは色々試したのですが、これが壊れなくて最強だと思います。

他のグッズは強く押そうとすると壊れてしまいそうで怖いです。

先端に丸い突起があって小さなコリまでピンポイントで押せますよ。

弱点は重さがあるのであまり持ち運びに向かないことですかね。

でも、家の中で使うには十分だと思います。



今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アテックス 指圧器 「グリグリ」 ATX-2030[ATX2030]
価格:680円(税込、送料別) (2018/10/15時点)


こんにちは


頭蓋骨模型を使っての感想はこちらです。

時系列はさかのぼりますが、その前に脊柱の骨模型→全身の模型の順番で買いました。

脊柱の模型はこれを使っています。

IMG_5649

これです。

正確な位置を覚えたかったので等身大の物を使っています。

今なら細かいところは気になりますが、解剖学の勉強や触診の入門にはこれで十分なのではないでしょうか?

もし今学生に戻れるなら絶対に使いたいです。

IMG_5650

もちろん運動学的に正しい動きではないと思いますが、多少曲げることもできます。
IMG_5651
IMG_5652

股関節もついていて、ネジで調整できます。

緩めれば多少動かすことができます。

ネジを軸にした股関節屈曲、伸展様複合運動のみですが…

残念ながら実際の股関節の運動とは全く違います。

しかし、骨盤までの模型が多い中股関節がついていることに意味があると思います。

股関節疾患の方にも説明しやすいですし。



普段は地味な私ですが、骨を持ち歩くことで人々の視線を集めることができました。

車に乗せて運んでいたので、事件だと勘違いされなくてよかったです。



私が使っているものは残念ながら見つかりませんでしたが、ほとんど同じものはこれです。




参考までにどうぞ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こんにちは

頭蓋骨の模型を買いました。


1/2サイズです。

これです。

IMG_5644

IMG_5647

あごは開閉可能です。

海外の製品みたいで、多少荒く、組み立てるのが大変でした。

説明書も絵しか描いていなくて雑でした。

IMG_5645

側面です。

IMG_5646

普段見れない角度から、みれるのがとてもうれしいです。

骨を一つ一つみたければ、分解もできますよ。

私は作るのが大変だったのでしばらく分解しませんが…。

なんだかんだで作るのは楽しかったし、複雑な頭蓋骨を組み立てることで少し縫合が頭に入ったかなとおもいました。

解剖学書もいいのですが、私はどうしても2Dの物をみて3Dで考えるのが苦手です。

触診の練習を考えると等身大が良いと思っていましたが、こういった小さ目の模型(1/2サイズです)は持ち運びに便利なのでいいですね。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。


↑このページのトップヘ